講座もしっかり把握しよう|社会保険労務士の資格も通信でとれる

社労士になるために

スタディ

社労士の仕事とは

社会保険労務士とはそもそも何をする資格なのでしょうか。労働に関する関連法案や社会保障にかかわる保険制度の知識に長けた人が持つ資格であり、その手続きに関する書面づくりを行うだけでなく企業に対する労働環境の整備や社内規則の策定についてアドバイスを行うことを業務としており、個人で独立しての業務を展開するものもいれば一つの会社の社員として社内における法的な紛争の解決に努める社労士もいます。また給与計算や最近ではメンタルヘルスに関する社内制度の整備なども社会保険労務士の知識が注目されており、またファイナンシャルプランナーやDCプランナーのような社員の資金運用に対してのアドバイザーとなる立場にも置かれることがあり非常に多岐にわたって役目があります。

社労士試験の勉強方法

社会保険労務士になるためには年1回開催される試験に合格することが必要となるが、試験の範囲は幅広く労働に関する各法令だけでなく、保険関連や年金関連の知識を要し、毎年多くの法改正が行われるため可変的な部分も考慮して学習を進めなければいけません。その中で独学では厳しい部分を補うため社会保険労務士試験を対象とした講座を受ける必要が出てきます。実際に授業形式の講座を受け専用の教材を使って勉強することが望ましいのですが、働きながらなど毎日昼間の特定時間を空けられない人や資金的な理由で講座を受けられない人におすすめしたいのがネットでの講座です。中には無料で受けられるものもあるうえ、再受講による復習や法改正に対する情報なども実はネットの方が環境が整っている場合があるのです。自分のライフスタイルにあった講座を選択するのも早期に資格取得へと進んでいくための手がかりの一つですのでしっかりと勉強を始める前に確認をしておきましょう。

需要が求められている資格

勉強するレディ

通信講座のコース選びに迷ったら学ぶ目的を明確にする事が大切です。就職や転職のため、資格を取得してその道のプロを目指すなど、目的は人それぞれですが、景気や流行に左右されず、長く活かせる資格取得を目指して通信講座で学ぶのもお勧めです。

読んでみよう

様々な学び方

婦人

通信制の専門学校は自由に勉強時間を決める事が出来て自分のペースで勉強を進めていく事ができます。金額的にも非常に安い事が多く独学で学ぶと膨大になりがちな勉強範囲も無駄なく学ぶ事が出来るので非常に便利です。

読んでみよう

論文入試の勝ち方

原稿用紙

小論文を受験科目とする大学が増えており、その内容や傾向は多岐にわたる上に変化し続けている。配点が大きい割に、採点基準が曖昧で、学習しにくい。学校の授業や、予備校の講座でも、なかなか力がつきにくいので、通信教育の小論文添削講座を利用することをお勧めする。

読んでみよう

こちらもおすすめ

  • 絶対合格する人が選ぶ!社会保険労務士講座Navi

    効率よく合格するためには社会保険労務士の講座を利用しましょう。ここなら合格率も高いのでおすすめです。